スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイトから卒業

友達がどっかの正社員になるようです。
まぁ、一般社会でやっていけそうな真剣に生きている人だったのでどんなとこでも立派にまっとうすると思います。
ただ、心配なのは深く考えるとこがあり悩みを自分から作っているところがあり(話題づくりのためかもしれませんが)いつまで持つのかな、と思っています。
ちなみにネイリスト(付け爪のデザイン&作成)です。だそうです。

そう、アルバイトと言えばしっかり数えられるほどしかしたことが無い。
・魚屋(年末セールで忙しい時期だけお手伝いみたいな)確か、中学2年
・卵の仕分け(高校~大学の友人から彼の母親がパートでやってるとこを友人と一緒に。人で不足だたのだろう) 高校だったかもしれないが、たぶん大学
・たこ焼き屋(といっても、スーパーの中とかで屋台を出していてお菓子とかも一緒に売った) 確か、20歳くらい。
・氷配達(昔は飲食店とかでは氷製造機はまだ置いていなかったのであったんだろう) 20歳くらい。
・新規に回転したイトーヨーカドー(だと思った)の駐車場の警備員 実は何をしていいかわからないまま終わった。

どれも、10回というか10日もやっていなくて一番長いのが氷配達だったかも。これは楽だった。
車(何故か先輩から.もらった)で通勤して車(バンというやついか?)で契約している飲み屋に所定の氷を置いていくだけ。
しかし、ある日配達圏内に行く途中パンクしてしまい、なきそうになったが、工場というか事務所に電話ずーっとしててやっとつながり、上司(あーそうえいば、「メイリさん(仮名)」だったな)がなにも言わず自分の車に移して配送を手伝ってもらった。

メイリさん(仮名)は、消防署勤務の彼氏がいた、結婚して子供ももう大きいだろう、たぶん。
消防署の彼氏もおそらく知っていると思うが、メイリさん(仮名)はM市のクラブ(今なら高級なキャバクラみたいな)で以前働いていた、と言っていた。おそらく、そのつながりで氷配達の仕事をしていたのだろう。

というわけで、メイリさん(仮名)の卒業についてでした。

やっぱ、まとまんない。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。