スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校2年から卒業

基本的に食べ物の話しが自分では好きなようなのがわかった。毎日書くことが少なくても有る。何故かというと毎日ご飯を食べないといけないからだろう。
食にこだわらなくても、おなかすいたとか今月の食費もうナイ、とか自分の中では気にかかることはいっぱいある。

そこで関係ないが、昼食がどんなだったかお思い出せない「保育園」を卒業し3時くらいには帰れるあこがれの小学生になった。(何百年前かはナイショ)
そう、なんで保育園の時の昼食の記憶がないのかというと、小学校でたぶん「”初めて”給食を机に座って先生と向かい合って食べた」という思い出がとても鮮明で、保育園時代は、机にすわんないで食べてたのか?いや、先生と向き合っていたような記憶はないでもなし、むしろ牛乳を小学校で初めて飲んだような。

実は、牛乳はもしかしたら小学校以前に飲んでいるような気はするが、乳製品というと『ヤギの乳』を飲んでいたのはしっかり記憶にある。
アルプスに住んでいたわけではないが、実家というか生家では、馬・羊・鶏(微妙に自信がない)・ラッシー(でっかいコリー)・猫(ただいついていただけのような気もする)・金魚を飼っていた。
馬が最後どうなったかは知らないが、ヤギはジンギスカンでというかジンギスカンと一緒に食べたような気がする。
猫は引っ越す直前に家出して行方知れず。というかもともと飼っていたのかどうか怪しい。がラッシーがどうなったか全く覚えていない。今度実家に帰ったら親に聞いてみたい。鶏はお婆様の家にいたような。

そんな生活をしつつ、その頃で記憶にあるのは、
カラオケが無い時代なので宴会になると大人は手拍子で「ふじっのたっかっねぇーにふぅっるゆぅーきもぉー」とか歌って、ジンギスカンまたはホルモン食べて酒飲んでた。
子供はガラナやリボンナポリンを飲んで、子供盆踊り唄で「手拍子そろえて」輪になって踊って帰りにお菓子をもらう。

この辺が小学校2年までの記憶で、3年からは引っ越したので別の小学校へ通うことになり、保育園からの友達や近所の友だちとお別れとなり、空知地方からの卒業。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。