スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一週間に十日恋 氷配達2

先輩が助手席、私が運転で道と場所を身体で覚えた客先。

なので、店名も覚えていない。ましてや電話番号もしらない。
事務所には客先名簿は有るはず。

だが、純粋に配達だけの私には、途中でトラブった場合
事務所に連絡して応援を待つしかない。

サービスエリア外で携帯電話が広まっていないし、
そんなものを持つお金もない頃のお話。

---

パンクした車をジャッキアップしてしまったので
車に乗って待つわけにもいかず

車を持っている友達に電話をかけてみた。


いない。
夕方なので、食事だったり遊びに行ったり。

他に手は無いか。

無い。
とりあえず。先輩が事務所に戻るのを待つ。

何度か事務所にかけてみる。
出ない、まだ戻っていない。

従業員は先輩一人なので、
配達に出ると誰も電話に出ない。


先輩の知り合いに伝言をお願いしてみようか。

一つだけ、店名を知っているところがあった。
先輩が昔、働いていたと言っていた店。

でも、そこから連絡が取れるものだろうか。


パンクしてから、30分ほど経った頃だろうか。
いや、もっとかな。

車が寄って来て、人が出てくる。

「どうしたの?」

先輩だった。

先輩:
「配達はまだね。こっちの車に移して。
その車は、後でとりに来るから。」

と、事情を理解して対応に移る。

先輩:
「助手席に乗って。」

一番最初に、先輩の運転で、凍りを配りに行った時以来の助手席。

そういえば、考えていなかったが。

怒られるかな?

先輩:
「あの車ね、よくパンクするの。心配しなくていいから。」

そうなのか。な。

20分程で繁華街地域に近づき

先輩:
「ルートは変えた?」

最初に教わった道順だと、開店の順番が合わなかったり
この時間に来て、と要望があり、少し変えていた。

先輩:
「じゃぁ、運転して。で、あそこと、あれとそこは、私が行くから。」

分担というより、うるさいところに謝りに行ってくれたのだろう。

たぶん一時間近く遅れたけど、お客様は優しかった。

「今日は飲みに来たのかい?
まだ終ってないんだろ。ほら、これ持って行きな。」
乾き物を渡される。


配達も最後の一つを残し完了。


最後にしているのは開店時間が一番遅いから。
早く行ってしまうと、玄関に氷を置いていくことになってしまう。

先輩から
それでもいいと、言われていたが余裕があれば最後にしていた。

先輩:
「あと一箇所か。この氷は・・・」

氷の種類で配達先の店がわかる。

先輩:
「これでラストだし、ここは一緒に行こ。」


つづく。

Tag :

コメント

なるほど~

最後の店は天勉也店長の店ですね。はたして無事に帰れたのかどうか・・・・

No title

なるほど、嫌な予感がしてきたのです。
いい先輩だあ!と思っているけど、
もしかしてこれもどってんこきまろ?

No title

やさしい先輩いいなぁ~!

車のパンクって経験したことあるけど
全く気がつかないでずっと走ってました。
何か変だなとは思ったんだけどね。

おい!氷屋!

ワレ、氷持って来るだけで
なんぼほど時間かかっとんねん!
しかもこんなとけた氷に金払うアホがどこにおんねん!
あああん!!


・・・あの時は・・・言いすぎて悪かったね。

No title

パンクしやすい車ってなんやねん。
タイヤかい?チューブ入りタイヤかい?
ああ、パンク修理しまくりタイヤかい?
それともボディの一部がタイヤに擦ってるんかい?
いやいやもしや、インチアップしすぎてるためにスンゲー扁平率のタイヤなんかい?
あ・変なところでいじめるなってかい?

>ちょこらさん

Re: なるほど~

天勉也店長の店ならまず、無事には帰れないでしょうね。

>はりねずみさん

実は、続きを考えていません。
どうなるんだろう、どしようかな。

>CADオペさん

初めてパンクしたときは
気づきかずに、蛇行してましたぁ。

>天勉也さん

Re: おい!氷屋!

そう、そうなるはずが、
怒られたりって全くなかったらしいんですよ。
不思議。

>んぐーすさん

のーるのバンでしたね。

サスがイってしまって
タイヤに負担がかかっていたのかも知れません。

ははーん

この先輩が、
漢気にあふれる美しい先輩で・・・ってオチかぁ。

>いしまり総統さま

Re: ははーん

そっち系は難しい、てか無理かな。わかんないし。
わかってたら、もっと面白い話しがいっぱいあるんだろうなぁ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。