スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一週間に十日恋 電話(なつみの場合)

なつみは、駅の改札の前で待っていた。

小さな駅なのですぐに見つかる。


彼女は約束の時間にはめったに遅れない。

どっちかというと俺が遅刻している。

なつみ:
「来た来たぁ」

駅から近い店のカウンターに座る。
2卓しかないテーブル席は埋まっていた。


ピザだのダシ巻き玉子だの、酒だのを。
ここはなんの店だよ。


俺:
「で、何で喧嘩したんだ?」

なつみ:
「あいつさぁ。
他の男と焼肉食ったって言ったらさ。
怒っちゃって。」

俺:
「そんなもの怒るのが普通だろ。
なんで、そんな事言ったんだ?」

なつみ:
「この前、一緒に焼肉に行ったじゃない。」

俺:
「あぁ、あの「おかあさん」とかいう人がいる。」

なつみ:
「そう。あの時さ、私一人の時に
おかあさんが
 「今日は違う男の人ね。」
って、言ったって教えたじゃない。

で、あそこが閉店してたから
おかあさんの話しをしてて
つい、その話ししちゃった。」

俺:
「言うなよ。
最初、俺にも言うなよ。って思ったし。」

なつみ:
「だって、私が彼氏いるの知ってて
電話番号を聞いてきたし。」

俺:
「かけないからって言っただろ。」

なつみ:
「変なときにかかってくるのもこまるけどさ、
ショートメール送ってくるとは思わなかったよ。」

俺:
「な、かけてないだろ?」

なつみ:
「電話なら残らないけど、
メールだと残るんだよ。」

俺:
「もうどうせ、彼氏とダメなんだろ?」

なつみ:
「明日、遊びに行く約束してたのに。
なんにも連絡来ないしさ。もう、いいか。」

俺:
「お前、自分が悪いと全然思ってないだろ。

とりあえず、飲も。ここ何時までだっけな。」

なつみ:
「電話、あ!きたぁ♪」

彼氏からだろう
わざと声をかけてみる。

俺:
「誰から?」

なつみ:
「(彼氏から、声聞いてみる?)」

こいつの彼氏にはなりたくないな
と思いながら
俺:「どれどれ」

なつみが耳にあてている携帯に耳を近づけたが
遠いので肩を抱いて近くに寄せてみた。

俺:
「聞こえない。普通の声っぽいかな。」

なつみ:
「(近くで、声だすんじゃねー!)」

電話が終わり

なつみ:
「明日、8時でいいんだよねって♪」

俺:
「良かったね。」

なつみ:
「よし、飲むよぉ。」

俺:
「いいけど、帰れるのか?ここいつもの駅じゃないぞ。」

なつみ:
「ここ、中野さんの家から近いんでしょ。泊めて」

中野(俺):
「明日、彼氏とデートだろ?」

なつみ:
「大丈夫。朝、電話してって言ってある。」



そういう問題じゃないよね、パトラッシュヽ(´ー`)ノ

関連:
 一週間に十日恋 騙す(大介の場合) 前編
 一週間に十日恋 騙す(大介の場合) 後編

---

言っておきますけど。フィクションですからね。

Tag : 恋愛 大介 なつみ

コメント

別に

全然普通。普通だから。
いや、わらくしぢゃなくてね。
その女がね!

No title

こわいよ~
で、泊めるんですか?泊めたんですか?

No title

俺・・結構イケイケ?(;・∀・)

なつみも結構イケイケ。

>天勉也さん

Re: 別に

はい。
ごく普通の話しです。

フィクションですけどね。

>はりねずみさん

えーっとぉ。

フィクションだし。
続きもたぶん、ありませんよ。

てか、ナイショw

>日なたで猫さん

そんなこと考えちゃイケませんよ。

No title

まあ、お若いうちならいいと思うよパトラッシュヽ(´ー`)ノ

>Coaさん

あぁ、なるほど。
若いうちなら良いのか。

てか、フィクションですからね。

がくっ(o_ _)o


みかちゃんがそういう娘だったなんて・・・・(´・ω・`)

よし!
このケンカ、買った!
・・・って、私が外にタバコ吸いに出た瞬間、雨降ってきやがった・・・

>ちょこらさん

Re: がくっ(o_ _)o

ママ、違う違う。
お友達のなつみちゃんの話しだよぉ。

ってか、フィクションだよぉ。

>いしまり総統さま

意味わかんないよぉ。

江戸っ子だからケンカっぱやいのかな。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。