スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一週間に十日恋 お友達(大介の場合)

むかーし、昔
あるところに、大介という男がいました。


彼には、年下の彼女(なつみ)がいます。

加藤:
「うらやましいわねえ、大ちゃん。」

大介:
「対応が面倒くさいんですよ。」

よくわからないが、面倒らしい。

加藤:
「なら別れればいいべさ?」

大介:
「付き合ってから長いし、いや別れるほど面倒ってわけでも・・」

なんだよ、面倒くさくないんだね。
楽しいのだね。

加藤:
「長かったらさ、結婚しろって言われない?」

大介:
「たまに言う、けどまだ遊びたいらしい。」

加藤:
「そうかなぁ、向こうはどう思ってるかわかんないよぉ?」

大介:
「やめろってそういうの。

そういえば・・・」

---

なつみとよく行く焼肉屋。
小さい店で、「おかあさん」と名札をつけた店主が気さくで

たまねぎなどを残すと無理やり焼いて俺の皿に取り分ける。

店主(おかあさん):
「残すんじゃないよ!」

ある日、半額セールのようなのをやっていた。

なつみ:
「在庫一斉処分だって」

大介:
「どうするんだろ、賞味期限なのかな。」

店主(おかあさん):
「ほらほら、ラムおいしいよぉ、半額だよ。ほら。」

注文していないのに持ってくる。
どうせ、あとで注文するから同じ。


という店があった。
今日、なつみと一緒に行こうと思って店の前に着いたら


看板が無くなってシャッターが下りたままたった。


なつみ:
「そっか。閉店しちゃったんだ。」

大介:
「じゃぁ、温かい野菜の鍋でも食べよう。」

温かい野菜の店へ向かいながら


なつみ:
「あそこのおかあさん優しかったね。」

大介:
「強引だったよな。」

なつみ:
「大ちゃんは、顔を覚えられてたからだと思う。」

大介:
「そうかな、そんなに行ってないのにな。」

なつみ:
「だって、この前行ったらさぁ

『今日は違う、おとこ』  あっ・・・」

大介:
「え?なに? おとこ? いつ行ったの?誰と?」

なつみ:
「いやいやいや、

『違う、お友達だね』って、あはは。

腹減った、早くー。」

---

大介:
「ね、絶対に男だよ。」

加藤:
「お互い様じゃないの?あんただって会社で・・・」


会社の話しは、勘弁しておいてやるよ。


ていうか、そんな話しは
こっちが危ないよ、大介ヽ(´ー`)ノ

Tag : 恋愛 大介

コメント

温かい野菜の鍋?

どうして話と関係ない部分で笑わせてくれるのでしょうか?

うちのダイスケは、いんげんが大好物でしたのよ(^人^)

うん。

危ないね。三日君。

No title

あぶないといえばあぶない…
飛び火があるかな♪

>Coaさん

Re: 温かい野菜の鍋?

笑ってもらえるのは嬉しいです
が、話はつまんないってことかーヽ(´ー`)ノ

ダイスケは、にんげんが大好物!!
こわいよぉ。

No title

火の粉 ((((⊂(´∀`o)⊃))))飛ぶぞぅ

ま、よく聞くと似たものカップル?
そう言うのは、なんだかんだ言って続いたりするんだよ。

よく、夫婦で同じ顔してるのと同じで。

>天勉也さん

Re: うん。

そうでもないです。

>はりねずみさん

なにが危ないかはわかりませんけどね。

>日なたで猫さん

そういうもんなんですかね。
でも、夫婦は似るって聞いたことありますね。


若いし 自由だし やりたいようにやってればいいよ

きちんと護るとこは護らなきゃいけないけど

>ちょこらさん

>ちょこらさん

そうですよね、わたしは関係ないところにいるんですけどね。

No title

温かい野菜の鍋?
・・・そんなのねっぺ?

モツか、カニか、カキか
チャンコか、アンキモだんべ。

ま、年下の彼女なんてこんなもんす。
(遅れて登場してチョー適当なコメ)

>いしまり総統さま

「温野菜」っていうのがあるんですよ。

> モツか、カニか、カキか
> チャンコか、アンキモだんべ。

チャンコまではいいけど
アンキモ鍋ってあるんですか?

> ま、年下の彼女なんてこんなもんす。
> (遅れて登場してチョー適当なコメ)

年上の彼女が良いって事か?

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。