スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一週間に十日恋 二人の秘密 第七話

この辺りは交通の便が悪い。
自家用車は必要だ。

買い物にも車か。
運転は楽しくなってきた。


ここの辺りだったかな。
車を降りて店まで散策。


前から歩いてくるのは


彼だ。

ゆかり:
「あの、この辺りにこういうお店ってありますよね?」

「あぁ、それなら、ここから先の右にあるよ。」

ゆかり:
「ありがとうございます。お子様ですか?可愛いですね。」

---

僕は、結婚と同時期に会社を辞め、別の会社に移っていた。

結婚してみたものの、離婚の決心が固まっていた。

まだ、妻とはその事については話していない。

いきなり切り出してもめると裁判かな。

弁護士を用意しておこうかな。

でも、知らないところというのも。


近くで知り合い、いや知り合いでそこまで話せるのは


電話をかけた。


電話:
「はい、浅井です。」

僕:
「加藤と申します、浅井さん、ご主人はいらっしゃいますか?」

電話(奥さん):
「あぁ、加藤さんですかぁ。いつもお世話になてます。
浅井は今出かけております。ご用件は?

えと、私だとわからないと困るので折り返しお電話させます。」

僕:
「そうですね、010-・・・」

弁護士を知らないかなんて伝言は出来ない。


夜中に、携帯に電話がかかってきた。


「浅井ですけど、加藤さん?」

僕:
「はい、ちょっと相談したいことがあって。」

浅井:
「わかった、明日時間ある?」

僕:
「明日は無理かな、木曜日に。」


そうして、木曜日。


浅井:
「加藤さん、うちに電話は勘弁して。」

僕:
「あぁ、ごめん。他に連絡先わかんなかったから。」

浅井:
「加藤さんとは、よく飲みに行ったり、ゴルフで泊まりに行ってるんだから。」

僕:
「...うーんと、まさか。まだ?」

浅井:
「そうなんすよ。」

僕:
「だって、あれから僕が会社辞めるまで数年、
でそのあと、またかなり経ってますけど。

まだ?」

浅井:
「うーん。あいつ18歳のころからだからね
「私の青春を返せ!」って言われる。」

僕:
「長いわぁ、それどうすんの?」

浅井:
「わかりませんですよ。あのさ、最近地元で会ったのよ偶然。」

僕:
「あそこで?」

浅井:
「日曜日に下の子、去年生まれたんだけど年賀状送ったよね。
それをベビーカーでつれてスーパーに買い物に行ったときに。」

僕:
「いたんですか?」

浅井:
「道を聞かれて。カミさんも一緒にいたからだろけどね。」

僕:
「わざとですな。」

浅井:
「下の子見られたのがなぁ。」

僕:
「なんで?」

浅井:
「カミさんいるのは仕方ない、
上の子もいるのもいい。

けど

『もう、奥さんとの子供は作るな』

って、言われてて・・・」


---

これで、一応終了。

===

一週間に十日恋 二人の秘密 第一話
一週間に十日恋 二人の秘密 第二話
一週間に十日恋 二人の秘密 第三話
一週間に十日恋 二人の秘密 第四話
一週間に十日恋 二人の秘密 第五話
一週間に十日恋 二人の秘密 第六話
一週間に十日恋 二人の秘密 第七話

コメント

No title

一応終了。?

よくあるどっちつかずの状態かな、あ、どっちつかずじゃ無くて
どっち離れずの状態かぁ

先・・気に為りますけどぉ・・
一応終了?( ´゚д゚`)えーーー

やるせねー

『もう、奥さんとの子供は作らないでね』
このセリフ、人生で何回・・・

ま、下の子が増えたら、私なら殺すけどね。
人間、約束は守らないといけないってことだよ。
最初から道を踏み外しててもさ・・・

っておじいちゃんが言ってたヽ(´ー`)ノ

下の子は決定的な意思表示

ちょっとマテ。深呼吸させてください。
(ワタクシは関係無い、ワタクシは関係無い…)

なるほど。
リアルな現状を、ブログ仲間に聞いて欲しかったのですね。
オケ。キミの悩みは共有した。

No title

離婚ですか…
何気に修羅場の匂いが充満してきましたぞ。
しかしまあ、家に電話しないでと言われる方も辛いか。
この時は携帯持ってなかったのかな?
いろいろと出てきそうな背景です。

えー

終了ですか?

うわー

まぁ、Coaがもし愛人の立場なら、そんなずるい男は会社と実家に証拠ばらまくか慰謝料請求しますわ

うん、嫁でもそうします

世間体的にはよろしくないが

このシリーズの登場人物全員の心境に、理解を示せます。
まったく誰も悪くない。
誰かが悪いとゆうのなら、それは全員悪い。

三日君。
いいよ。これで終わっても。
十分やで。

ほんとうに惚れると


あのひとの子供が欲しい と

…本能かねぇ…

思ってるんだよなぁ

>日なたで猫さん

一旦、区切りとして終わりです。

ストーリーは一応くっつけただけなので
展開とかはないですよ。

雰囲気を味わってください。

これにしっかりしたストーリーつけるとたぶんドロドロになります。

>いしまり総統さま

Re: やるせねー

総統の言う事、
生々しいので、こわいです。

>んぐーすさん

Re: 下の子は決定的な意思表示

もしかして、あなた浅井さん?
内緒にしときますよ。

そうそう、付き合ってる彼氏がね
子供作りやがってね・・・

>はりねずみさん

この後は、ご想像にお任せ。ということで。

たぶん、携帯持ってるのでしょが、番号変わったんだと思います。

>Coaさん

Re: えー

ここまでも、よくある(?)話しですが
この後はもっとよく有る話ですから。

> まぁ、Coaがもし愛人の立場なら、そんなずるい男は会社と実家に証拠ばらまくか慰謝料請求しますわ

社会的に抹殺
これが一番怖いんじゃないかな。

>天勉也さん

Re: 世間体的にはよろしくないが

きっかけは
「JERRY-LOVE」のピンサロの説明ですから。
あの説明から思いついた事が有りまして。

ストーリーよりも、
そうやって味わってもらうのが一番です。

気分が向いたら続きがあるかも。

ありがとうございます。

>ちょこらさん

Re: ほんとうに惚れると

本能ですよね。
特に女性は、たぶん。

男性の場合は、わかりませんねぇ。

No title

え?なに?実話?

え?現状?

近況報告なの?

おいおい…ボケられねえ。

>りょうすけさん

今の状況を書いてみました。

ねえ、この悩みをさ。
おにいちゃんのボケで癒してくれよぉ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。